Contact
ご相談・お見積り・プラン作成は​無料です。
​まずは、お気軽にご相談ください。
Tel 089-989-8752

〒791-3134 愛媛県伊予郡松前町西古泉285番地1 サクラレジデンス203号

Tel 089-989-8752   Fax 089-989-8753

営業時間:9:00-18:00​ モデルハウス:予約制

Copyright (c) I'mhome.Inc. All Rights Reserved.

​2つの工法

​大切なご家族・安全な住まいのために、アイムホームでは工法をひとつに限定せず、土地の形状やご希望のプランに応じて最適な工法をご提案しています。

2✕4工法(枠組壁工法)

ツーバイフォー

世界で主流な工法

アイムホームでは、2×4より更に強度のある2×6という2インチ✕6インチ

2×4工法(枠組壁工法)とは、19世紀に北米アメリカで生まれた木造工法で、ヨーロッパ諸国をはじめ先進国で多く採用されています。構造材に断面サイズが2インチ×4インチ(約38㎜×89㎜)の規格材が最も多く使用されているためこの名が付きました。枠組部材に構造用合板などを組み合わせてパネル化された壁や床などの面で家を構成するのが特徴で、耐震性、耐風性、耐久性、耐火性、省エネ性、遮音性などに優れています。

(約38mm✕140mm)の木材も採用しています。

強さの秘訣はモノコック構造

モノコック構造とは、基本となる枠組と、面材で形成された6面体で床面・壁面・屋根面を構成した構造です。もともとモノコック構造は、航空機用に開発されたもので、その他にF1カーや、新幹線、スペースシャトルなどにも採用ているとても強固な構造体となります。地震の際には、6面体全体で地震の力を効果的に分散・吸収し揺れを抑えて高い耐震性を発揮します。

ツーバイフォー住宅

​(枠組壁工法)

壁面​

床面

屋根

強い

「面」で構成されるツーバイ工法

在来木造住宅

​(軸組工法)

筋かい

弱い

「線」で構成される軸組工法

​火事に強いファイヤーストップ構造

木造住宅は火災に弱いと思われがちですが、木の表面が炭化層となるため、燃焼してしまうことはほとんどなく、焼けても強度そのものは低下しません。一般的に火は空気の流れに沿って燃え広がるため、壁の内側や天井裏を伝わり燃え広がります。2×4工法では床や壁を構成する構造材がファイヤーストップ材となり、空気の流れを遮断して、火が燃え広がるのをシャットアウトします。

アイムホームの家は準耐火構造に準ずる性能を認められた「省令準耐火構造」

住宅金融支援機構の「省令準耐火構造」が適用されることにより、地震保険料や火災保険料が軽減されるというメリットもあります。

省令準耐火

構造

地震保険料

軽減

火災保険料

軽減

ファイヤーストップ構造

石こうボード

ファイヤーストップ材

すぐれた「高気密・高断熱」「耐久性」

ツーバイフォー工法の特徴である床版・壁を組み立てる方式のため、気密性を確保しやすい工法となっています。木材はもともと鉄の約350倍という断熱性を持ち、構造自体が優れた断熱性・気密性を持ち、更にそれを高める技術が投入されている省エネルギー住宅です。湿気や結露へも徹底した対策によって、2×4住宅は耐久性を確保します。壁内に断熱材が充填されているため、室内外の温度差がゆるやかに緩和され、結露が発生しにくい構造となります。

ハイブリット工法

(木造軸組工法+壁パネル)

ハイブリットとは

ハイブリットとは、混合・かけあわせを指します。木造軸組工法(在来工法)とツーバイフォー(2×4)工法の2つの工法の長所を組み合わせた工法が、ハイブリット工法です。

2つの工法のメリットを兼ね備えた構造

力が点に集中する構造のため接合部分への負荷がかかってしまう木造軸組工法において、アイムホームでは外壁を構造用耐力面材で強化したハイブリッド工法も採用しております。従来の筋かいに加えて、外壁と床・天井に構造用パネルをしっかりと固定した「6面体構造」で地震の大きな横揺れを面で支えて建物を損壊や倒壊から守ります。

省令準耐火構造

地震保険料軽減

火災保険料軽減

従来の軸組工法

​柱、梁、土台、筋交いなどで作られる工法です

高耐震6面体構造

木造軸組工法の外側を覆うように構造用耐力パネルを張り剛性を高めます

壁パネル

壁パネル